私の北欧家具のこだわりは色です。特に高級家具とかデザイナーズブランドとかには興味がありません。
狭いワンルームに住んでいるのですが、ここに引っ越してきたときに絶対に白い家具で統一すると決めていました。もちろん、デザインに対するこだわりもありました。あと予算も。
色、デザイン、予算、この3つが合うものが見つかるまでの購入はしませんでした。ワンルームの一人暮らしなので、それに合った大きさや容量の物を店舗やネットで探す日々がずっと続きました。絶対に欲しかったのは、ベッドとテーブル、パソコンデスク、姿見、レンジ台でした。とにかく白くて、部屋の大きさに合う容量とデザインを探して探して、結局北欧家具を全部そろえるのに2年かかりました。テーブルも長い間見つからなくて、床で食事をしたり、物を書いたりしていました。パソコンデスクもシンプルで使いやすく、スリムな感じのものを時間をかけて見つけました。それに合うイスも探したのですが、白くてキャスター付きで、出来る限り予算に近い物を探したので、パソコンデスクはあるもののイスがない状態が続きました。
とにかくそうして、長い時間をかけて自分の好みのものをそろえてたわけですが、不思議なことに自分が想像しているものは必ず見つかるのです。こういう形で、こういう色で、それを妥協せずに探し続けていると、不意に理想としていた北欧家具が見つかる日が来るのです。
おかげで今はお気に入りの家具に囲まれて生活をしています。自分の理想にこだわって揃えたものは高いものではありませんし、むしろプチプラと言われる商品ばかりです。しかし愛着があり、大事に使うことができます。
私の場合は白にこだわっているので、汚れも目立ちやすいです。しかしそれもあえての狙いで、汚れたらすぐに掃除できるのでいいと思っています。汚れが目立たない色だと目立たないだけで実際は汚れているわけですから。色はどうしても部屋の中に存在します。着ている服や持ち物まで白というわけにはいかないので、必ず色が存在するのです。ですから、北欧家具は白にしたいというこだわりです。部屋が明るくなって気に入ってます。